CONTAX G BIOGON T* 28mm(AVENON)

Kyocera CONTAX Gマウント ビオゴン 28mmのレビューと写真作例

目次

ギャラリー

  • Leica M-P AVENON改造バージョン
  • SONY α7SII

レビュー

ビオゴン 28mmは、京セラ/コンタックスのGシリーズ用オートフォーカスレンズで、ここで紹介するのはMs-opticsで改造されたMマウント版である。

後玉がフィルム室にもぐりこむレンジファインダーカメラならではのレンズ構成で、前群3枚、後群4枚のほぼ対称型である。焦点距離が28mmと広角あるため、CONTAX G1のAF撮影でも少し絞っていればフィルムではピントを外すことが少ないレンズであった。

35mmフルサイズデジタルの場合、問題ないことの方が多いが、設計が古いためかレンズコーティングのためかは不明だが、光の差し込み方によっては周辺部のカラーキャストが発生したり、木々の周辺にパープルフリンジがあらわれたりする。

APS-Cサイズセンサーのカメラの場合、焦点距離42mmと準標準レンズの焦点距離となり、使い勝手はよいレンズとなる。前述の35mmフルサイズセンサーで発生するネガティブを見ることも無い。
本レンズもCONTAX G1/G1を処分した際に、Mマウントに改造する予定だったが、中古でAVENON(アベノン)がライカMマウントに改造したCONTAX G 28mmを手に入れたため、今も改造されずに手元にある。

本レンズを改造したアベノン光機(以後、AVENON)はすでに存在しない会社だが、過去にライカL39スクリューマウントのオリジナルレンズ、AVENON-SUPER-WIDE 21mm、AVENON 28mm、ピンホールレンズなどをリリースしている。
そのAVENONがCONTAX Gマウントの28mmレンズをMマウントに換装し、ライカM型カメラ距離計に連動する用に改造するサービスをおこなっていた。本レンズはその改造レンズの一本である。

写真の黒ビオゴン28mmを入手する前は、シャンパンゴールド版を持っていたが、それは黒色を手に入れたときに売ってしまった。黒ボディ改造品の悲しいところは絞り範囲のリングが銀色のところである。ここが黒プレートで白文字だったら、より完成されたデザインになると思う。
マニュアルフォーカスに改造されたヘリコイドはとてもスムーズで適度な重さがありピント合わせに全く問題無い。

絞り環はオリジナルをそのまま使用しており1クリックストップごとにカチカチと気持ちよく止まる。
絞り羽根はオリジナルの6枚羽を踏襲している。
改造レンズは最短撮影距離が0.5mから0.8mに変更されており、本レンズが改造された時代はフィルムカメラ全盛期でミラーレスカメラのない時代であり、ライカM型の距離計に連動しないところまでレンズを繰り出す意味が無かったためと考えられる。ライカM型の距離計連動限界0.7mまで寄れないのは、0.7m時のパララックスによる撮影結果のずれを懸念したか、近接時のピント精度不足を懸念したかが考えられる。

アベノンの改造はMs-optics(宮崎光学)の鏡筒総入れ替え方式とは異なり、オリジナルの鏡筒を維持しつつマウント部のみをライカL39の距離計連動マウントに取り替えたことが特徴である。

仕様

項目HOLOGONBIOGONBIOGONPLANARPLANARSONNARVARIO SONNAR
焦点距離(mm)16.5212835459035-70
最大絞り8(固定)2.822.83.5-5.6
最小絞り16(フィルター装着)221622
レンズ構成3群5枚7群9枚5群7枚5群7枚4群6枚4群5枚8群13枚
最短撮影距離(m)0.30.50.5
0.8*2
0.51.0
レンズ長(mm)1135.530.531.538.563.054.0
レンズ最大径(mm)57595656565660
フィルター径(mm)
専用NDフィルターあり
554646464646
重量(g)120200150160190240290
重量(g)
Mマウント
124151194
(222)*1
115161219
(259)*1
リリース年1994年1996年1994年1996年1994年1994年1999年
*1:フード+フィルター
*2:AVENON改造レンズの最短撮影距離

CONTAX G用ビオゴン 28mmレンズ構成図(レンズマニュアルの記載図をスキャンしトレース)

更新履歴

  • 2024.01.21:改稿
  • 2022.04.09:初稿

広告

  • 表示される外部リンクの一部は広告となっており、クリックするとサイト管理者に収入が発生する可能性がある。本ウェブサイト維持のためご理解とご協力をお願いする。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby