HASSELBLAD PLANAR 2.8/80(6elements)

ハッセルブラッド・プラナー80mm 6枚玉をデジタルカメラで使用した記録

目次

<ギャラリー>
写真例(Leica S typ007 / HASSELBLAD X2D)

<レンズの印象>
所有している個体は、シルバーのノンT*でプレビューボタンのあるタイプで、シリアルナンバーから1956年の製造である。マウント面には「MADE IN GERMANY WEST FOR HASSELBLAD」の刻印がある。
他のプラナー80mmを持っていないため、写りを比較したことはないが、古いレンズなりの柔らかな描写は気に入っている。
X2Dはセンサーシャッターで使用し、LEICA S typ007はカメラのシャッターを使用している。
マウントアダプターは以下の物を使用している。両者ともにレンズシャッター駆動機構はなくただの接続アダプターである。

  • ハッセルブラッド Hasselblad XV レンズアダプター X1D-50c用
  • 16024 ライカ S アダプター V 

両カメラともに、中判デジタルセンサーなので、0.8倍の係数がかかり、35mm版換算では64mm相当になる。6×6をカバーするレンズなので、中判デジタルセンサーでも周辺部に不満はない。むしろ、2023年現在67年前のレンズがこれだけ実用に耐えることが素敵なことだと思う。レンズは資産なりと思わせてくれる。
ピントリングは一番手前にあるが、マウントアダプターを経由するとほどよく使い易い位置にくる。絞りのプレビューボタンは少々渋く、丁寧に扱ってやる必要がある。
マウント遊びをするためには、プレビューボタンはあるのはありがたい。

<レンズの仕様>
焦点距離80mmのVマウントレンズ
絞りはハーフストップなしの、F2.8〜F22までほぼ等間隔である。
電気接点はない、Cタイプのレンズである。
無限から最短の3feet(0.914m)まで250度程度の回転角がある。

項目備考
焦点距離(mm)80
最大絞り2.8
最小絞り22
レンズ構成4群6枚
絞り羽根5枚
最短撮影距離(m)0.9143feet
レンズ長(mm)52レンズ先端からレンズガードまで
レンズ最大径(mm)76突起は除く
フィルター径(mm)B50
重量(kg)458レンズ本体のみ
リリース年?

<参考文献・リンク>

広告

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする