LEICA SUMMICRON M 35mm (6elements)

ライカ・ズミクロン-M 35mm 6枚玉のレビューと写真作例

目次

ギャラリー

  • 写真作例の撮影はLEICA M typ240

レビュー

ズミクロン M 35mm 6枚玉はライカMマウントの広角レンズ型ズミクロン。
6枚玉はM型ライカ用ズミクロンの2代目で、主に鏡筒の違いで前期と後期に分けられる。
紹介するレンズは6枚玉後期と呼ばれるレンズで1971-1979の間に15,620本作成された。
前期型と後期型の違いは、絞りリングの回転補助のために角が付いているなど外観が異なる。
本レンズはレンズマウント金具の構造が古いため、レンズ認識用6bitコードを付加する改造に対応していない。

本レンズの生み出す、柔らかな描写(所有個体が少し曇っていることも影響していると思われる)は情緒的で、現代的なレンズに飽きたら目を向けるにあたいするレンズだとおもう。

M型ズミクロンは、伝説の8枚玉、現代的な7枚玉、非球面、APOと個性的なレンズがリリースされており、通称6枚玉と呼ばれる本レンズはM型ズミクロン35mmにおいて少々地味なレンズだ。
6枚玉後期型はピントレバーの突起以外は、シンプルな凹凸のない外観をもち、M型ライカにマッチする適度な大きさで、マッチョな初期デジタル・ライカM型カメラと相性がよいと感じる。
手持ちのレンズは、ライツカナダ製でシリアル番号266xxxx、1973年製造。

正規の対応フードはIROOAと言う名称で、ラッパ型の個性的な外観で人気があり互換フードも多く作られている。
以下写真のフードは、左はMapcameraで売られていたサファリカラーの互換フード、右はメーカー不明の互換フード、どちらのフードもダブルフックで逆付けに対応しているが、所有しているレンズはピントレバーが逆付けのフードと干渉するため逆付けはできない。
そのほかにもクラシックカメラ互換製品を多くリリースするUN社製IROOA互換フード、最近は中華製のIROOA互換フードも見かける。

仕様

SUMMICRON8枚玉6枚玉7枚玉非球面
区分初代二代三代四代
焦点距離(mm)35
最大絞り2
最小絞り16
レンズ構成6群8枚4群6枚5群7枚
絞り羽根10枚8枚
最短撮影距離(m)0.7
レンズ長(mm)28.4302634.5
レンズ最大径(mm)51515153
フィルター径(mm)39
重量(g)150179
所有個体の実測値
160225(黒)
340(銀)

参考文献・参考リンク

更新

  • 2023.03.01:改稿
  • 2022.01.08:初稿

広告

  • 表示される外部リンクの一部は広告となっており、クリックするとサイト管理者に収入が発生する可能性がある。本ウェブサイト維持のためご理解とご協力をお願いする。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby