DISTAGON 45 for CONTAX645

Kyocera/Contax製中判・標準レンズ、DISTAGON 45mmのレビューと写真作例

目次

ギャラリー

  • 写真作例の撮影はLEICA S typ007

レビュー

ディスタゴン 45mmはCONTAX 645カメラとともにリリースされたレンズ。
コンタックス645で645フィルムを使用すると28mmと昔の広角レンズのスタンダードな画角だ。
ライカSシリーズで使うと36mm相当となる。

逆望遠型のレンズ構成で前群と後群の中央に分厚いレンズが配置され、ほとんどの場面で歪みが気になることもない。中判カメラの広角レンズを試すには良い選択だと思う。
フォーカス速度はそれほど速くはないが、遅すぎるほどではない。LEICA Sで使用すると電源を入れてから実際に撮影可能になるまでにワンテンポのラグがあり、こちらの方が気になることがある。
スリープ復帰からも同様で、カメラとレンズの通信確立に少し時間がかかるようだ。
幸い今のところ、スリープ復帰でフリーズすることには遭遇していない。

所有するレンズでは、HASSELBLAD XCD45Pが同じ焦点距離だが、F値が小さいこと、小さいイメージサークル(44*33mm)、ミラーレスカメラに最適化されており、比較する対象ではない気がする。
XCD45Pはシャッターユニットを内蔵しているとは思えないサイズで非常にコンパクトだが、コンパクトに振った分だけ写り的に少々無理をしていると感じるときはある。
DISTAGON 45mmのほうが、開放F値2.8におけるボケの美しさなど、大型センサー対応のゆとりを感じる。レンズフードは専用品(GB-71)か蛇腹フード(GB-B1)を使用する。

直接の比較対象としては、「ライカ エルマリート S f2.8/45mm ASPH.(Order no. 11077 | CS: 11078)」が当てはまるが、100万円近い価格で個人的な収入では入手できるとは思えない。そして2023年現在商品は終売している。
机上でのスペック比較はレンズ仕様に示すとおりで、エルマリートSは重くて大きいが、9群12枚の贅沢なレンズ構成、非球面レンズの採用、ガラスの小さいリアフォーカスによるフォーカス速度の高速化など、最新の光学設計を取り入れているように読み取れる。MTFチャートの比較ではライカは27mm、ZEISSは35mmまで記載と記載範囲は違うが、エルマリートSとディスタゴンを比較すると、グラフはエルマリートの圧勝でありリリースが新しいことと、高価格なだけのことはあるレンズだと思われる。

35mm判換算で焦点距離36mmは使いやすい画角で、散歩をする際などの目的が明確でないスナップ撮影に重宝する。HASSELBLAD X2D+XCD45mmは重量も800gと軽量なため、そのような用途で使うことが多い。
ライカSとディスタゴン45mmは2kg弱にはなるため軽快とは言い難いが、HCレンズや他のレンズと比べるとだいぶマシだと思える。

ディスタゴン45mmも市場の球数が豊富で安価で売られているが、廉価レンズとしてリリースされた55mm/F3.5との2023年における価格差は、55mmの製造量の少なさというプレミアを含んでいるとはいえ中古レンズ価格の不思議さが感じられる。

仕様

レンズ名ディスタゴン45mmエルマリートS45mm
焦点距離(mm)45.545
最大絞り2.82.8
最小絞り3222
レンズ構成7群9枚9群12枚
最短撮影距離(m)0.50.6
レンズ長(mm)99132
レンズ最大径(mm)8088
フィルター径(mm)7282
重量(g)8211030
リリース年19992013/10/10
価格250,000円
2023年中古価格7万円〜
シャッター無し847,000円
シャッターあり979,000円

参考文献・参考リンク

更新履歴

  • 2024.03.04:改稿
  • 2023.05.14:初稿

広告

  • いくつかの外部リンクは広告となっており、クリックするとサイト管理者に収入が発生する可能性がある。本ウェブサイト維持のためご理解とご協力をお願いする。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby