ELMARIT R 28mm (1st old)

ライカR用広角レンズ、Elmarit 28mm I型のレビューと写真作例

目次

<レビュー>
I型のエルマリート28mmはII型が手元にくるまでの短期間だけ使用した。
写りは端正で隅まで不満のない解像度で、周辺光量落ちもほとんど感じない。2型になるまで20数年売られた実力を実感できる。
2023年に再購入し、LEICA R8にフィルムを詰め込んで使っているが、フィルムの情緒がよく似合うレンズだと思う。II型はSL typ601のような解像度の高いカメラに向いているように感じる。
コンパクトな筐体に8群8枚のレンズが詰まっており重量感があるレンズだ。
フードがないと、おちょぼ口の鏡筒は少し見えが悪く、12509フードを付けてデザインが完成するレンズだと思う。プラスチックのフードは比較的安く出回っているので、フードなしを購入してもそれほど追加の出費はいらないと思われる。
2023年に下写真の1987年製の後期1型(11247)レンズを再購入した際に、フードを追加で購入したら7,000円ほどしており、フード付きを買った方が安く上がるような気がする。
I型はII型の値段に比べると中古価格は低めである。鏡筒色はブラックの他に、R3サファリと一緒に売られたオリーブ色が発売されているが、こちらはレアなためブラックよりかなり高価で取引されている。
製造本数が多いため、中古市場では常時数本見かけ、2023年現在いつでも購入できるレンズである。また、NIKON-Fマウントに改造されたレンズを見かけることもある。

<仕様>
フード12509は、ELMARIT-R 35mm II型と共通である。鏡筒もほぼ同じに見える。
2-CAM,3-CAM,R-CAMが正式リリースでROMカムは改造品で数が少ない、R-Only-CAMはおそらくリリースされていない。1987年版のエルマリートを手に入れたらR-Only-CAMもあることがわかった。
フィルターはフード12509に挿入する場合はシリーズ7を使用し、レンズ前方にねじ込む場合は48mmとなる。48mmフィルターはライカ独自のフィルターサイズで数が少なく、中古のそれほど綺麗でない品でもそれなりの価格で流通している。

項目I型II型
焦点距離(mm)28
最大絞り2.8
最小絞り22
絞り羽根86
レンズ構成8群8枚7群8枚
最短撮影距離(m)0.3
レンズ長(mm)4048
レンズ最大径(mm)6367.5
フィルター径(mm)シリーズ7、48 mm55
フード12509組み込み
重量(g)390435
リリース年1970〜1993〜
製造本数50,510(1992年まで)3,700(2002年まで)

<参考文献・参考リンク>

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby