Ms-Optics ELNOMAXIM 55mm F1.2

エルノマキシム 55mm F1.2(MS-Optics / 宮崎光学)のレビューと写真作例

目次

ギャラリー

  • 写真作例(Leica M-P)
  • 写真作例(HASSELBLAD X1D)

レビュー

エルノマキシム 55mm F1.2は、Ms-optics(宮崎光学)のリリースした大口径標準レンズ、レンズ形式にエルノスター型を採用する。

レンズの特徴として、中央の解像度は非常に高いが周辺部分は絞りを閉じてもほとんど改善しない。
焦点距離が55mmとなったのは、エルノスター形式で大口径の標準レンズ(50mm)の焦点距離に近いレンズを作りたかったとのことで、周辺部が悪くなりやすいエルノスター形式でそのネガティブをを減らすための妥協点として55mmを採用したと宮崎氏は述べていた。説明書に記されているとおり、中心部がとても良いポートレイト向けのレンズである。カラーバリエーションとして、ブラック、シルバー、ゴールドが確認されている。

宮崎氏のレンズに共通するコンパクトで大口径を踏襲するレンズで、レンズ型式と焦点距離は若干異なるがCANON 50mm/F1.2の2/3程度の重量とレンズ径を実現している。
レンズをコンパクトにするために前玉と鏡筒にはほとんど距離が無い造りになっている。すこし大げさな表現だが正面から見るとレンズがそのまま鏡筒に張り付いているように見る。
写りは4群4枚のシンプルなレンズ構成から得られる抜けの良さと 周辺部のにじみが合わる独特の描写が気に入っている。

所有している個体は、絞りの重さに適度な粘りがあり、Ms-opticsのいくつかのレンズで問題になる、ピント合わせの際に意図せず絞りが変化することはない。
本レンズは歴史シリーズの一本になるであろうが、説明書に記載はない。

F1.2(絞り開放)

F4(少し絞り)

仕様

項目エルノマキシムCANON 50mm F1.2
焦点距離(mm)55.650
最大絞り1.261.2
最小絞り1616
レンズ構成4群4枚
最短撮影距離(m)0.81
レンズ長(mm)43
レンズ最大径(mm)50
フィルター径(mm)49
重量(g)180

参考文献・参考リンク

更新履歴

  • 2024.03.23
  • 2023.09.29
  • 2022.01.15

広告

  • いくつかの外部リンクは広告となっており、クリックするとサイト管理者に収入が発生する可能性がある。本ウェブサイト維持のためご理解とご協力をお願いする。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby