LEICA VARIO ELMARIT SL 24-90mm

ライカ バリオ・エルマリート 24-90mmのレビューと写真作例

目次

ギャラリー

  • 写真作例の撮影はLEICA SL typ601

レビュー

バリオ・エルマリート 24-90mmはライカSL用のオートフォーカス(以下、AF)標準ズームレンズ。

全長140mm、鏡筒径88mm、重量1.14kgの堂々としたレンズで、ライカSL typ601などの大柄なカメラと装着した際の姿形はよいが、持ち運び時に収納するカメラバックは大型の物が必要で、手持ちで運ぶ際にはとても重たい。
マウントが同じなのでLEICA Tに装着したが、レンズとカメラのバランスがとても悪く、通常使用することは無かった。

ライカは標準ズームレンズとして万能に使えるように企画したレンズだと思うが、街中で使うには大きく目立つので、人混みのない落ち着いた風景、スタジオなどで特定の対象にフォーカスした撮影に向いているように思われる。

標準ズームレンズにしては珍しく、光学式の手ぶれ補正を搭載しており、その恩恵は焦点距離の関係から望遠端の90mmである程度感じるが、広角端の24mmではほぼ感じることはなかった。
AF合焦速度はなかなか高速で、LEICA SL typ601で撮影した際、AF合焦速度が遅くて困るような場面は無かった。AF合焦精度はカメラ側のセンサーの問題もあり、一概に評価しづらいが一般的な風景や人物が被写体では迷ったり外すことは無い。藪の奥にいる猫や鳥などの難しい被写体の場合は撮影者の意図通りには合焦しないが、MF割り込みで対処可能である。
写りについては特に驚きを感じることはないが、最近のズームレンズはよくできていると感心する画像を得ることはできる。

筆者にとってこのレンズの稼働率が低かった理由は以下3点だ。

  • 90mmより望遠を使うときは、アポ・エルマリート・90-280を使う
  • 35mmより広角を使うときは、スーパー・エルマー・16-35を使う
  • 35-90mmの間は、ライカRマウントの単焦点を使う

上述のように、このレンズのカバーしている範囲は、他の所有レンズで代替できてしまうことが主な理由で、このレンズしか持っていない撮影者は重宝するレンズだと思う。

本レンズがリリースされたとき、ズームレンズなのでF値が変化するのは合理的で当然のように公式(参考リンク「LEICA SLリリース時インタビュー(日本語)」)が述べていたが、たとえそれがバッチ替えだとしても、やはりF値通しという見た目の仕様がマーケティング的には有効なのだろうか、しれっと新レンズをほぼそのまま投入してくるところは、ライカの割り切りを感じる。SLシリーズについては、この傾向が加速しており、単焦点レンズ以外はほぼシグマのOEMとなっている。

本レンズはズームリングの回転方向が、従来のRマウント時代のライカ・ズームレンズに倣い、右回転でテレ端になる。シグマ製とシグマOEMと思われるレンズは、シグマ・ズームレンズ回転方向から変更されていないため、左回転でテレ端になる。ズームレンズを複数メーカーで所有した場合、戸惑うこともあるだろう。パナソニックのLマウントズームレンズは、ライカと同じ右回転でテレ端になる。

このレンズを含め、ライカAFレンズの怖いところはモーターの故障で、保証期間をすぎると修理金額が高額で修理期間もかかることだろう。ライカのAFレンズは中古市場でモーターの壊れたレンズを散見され、完動品でも今後の修理費を考えると怖くてなかなか手が出せない。本レンズはすでに手元にはない。

SLシリーズが発売された当初は、このレンズとSUMMILUX SL 50mmしかなかったため、これを使うしかなったが、2022年にシグマOEMと思われるF2.8通しのズームレンズが低価格にてリリースされ、カメラバンドルレンズの座も奪われ、このレンズは役目を終えただろう。

また、シグマ純正のズームレンズであれば、より安価に購入でき、2000年代のシグマレンズは物としてのクオリティ、撮影画像の品質も上がっており、こちらを選択することも検討に値する。パナソニックのLマウント向け、Sシリーズ 交換レンズも存在感は薄めだが必要な焦点距離は揃えられており、こちらも代替候補になるだろう。

画像はライカ公式より引用
画像はライカ公式より引用

仕様

ItemsVARIO ELMARIT 24-90 *1VARIO ELMARIT 24-70 *1SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN II | Art *1LUMIX S PRO 24-70mm F2.8 *1
焦点距離(mm)24-9024-70
最大絞り2.8-42.8
最小絞り22
絞り羽根11
レンズ構成15群18枚15群19枚15群19枚16群18枚
最短撮影距離(m)0.3-0.450.18-0.380.17-0.340.37
レンズ長(mm)138123120.2140
レンズ最大径(mm)8891
フィルター径(mm)82
レンズ手ぶれ補正ありなし
重量(g)・レンズのみ1140856745935
リリース年2015.11.282022.052024.05.20 2019.9.25
定価(円・税別)¥650,000-¥350,000-¥180,000-¥221,000-
*1:アマゾンアフィリエイトリンク

初期ライカLマウントレンズ

レンズ名SUPER VARIO ELMARVARIO ELMARITAPO VARIO ELMARITSUMMILUX
焦点距離(mm)16-3524-9090-28050
最大絞り3.5-4.52.8-4.02.8-4.01.4
最小絞り22222222
レンズ構成12群18枚15群18枚17群23枚9群11枚
最短撮影距離(m)0.25-0.3-0.450.6-1.40.6-
レンズ長(mm)123138238124
レンズ最大径(mm)88888888
フィルター径(mm)82828282
レンズ手ぶれ補正無し有り(3.5段分)有り(3.5段分)無し
重量(g)・レンズのみ9901,1401,7101,065
リリース年2018.05.102015.11.282016.04.292016.12.28
定価(円・税別)¥760,000-¥650,000-¥820,000-¥770,000-

参考文献・参考リンク

更新履歴

  • 2024.6.29
  • 2024.03.10
  • 2023.09.02

広告

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby