Rollei Sonnar 40mm (L39)

ローライ・ゾナー40mm F2.8のレビューと写真作例

目次

ギャラリー

  • 写真作例の撮影はEPSON R-D1とHEXAR RF +FUJIFILM PROVIA100F

レビュー

ローライ・ゾナー40mmは、ライカL39スクリューマウントのレンジファインダーカメラ用レンズ。
日本のコシナがほとんどの部品を供給し2002年にリリースされたRollei銘のレンズだ。
M/Lリングが付属しており、ライカMマウントレンズとして使用することもできる。

プラナー同様に、ブラックとシルバーの2色がリリースされた。
あまり特徴の無い鏡筒だが、フィート距離表記のグリーン文字がデザインのアクセントとして美しい。
Made in Germanyとあるため、組み立てはドイツでおこなったと思われる。

ゾナー40mmはレンズサイズ、クオリティはコシナの初期カラー・スコパー並みで、鏡筒はコンパクトにまとめられ、真鍮製のようででずっしり重かった。フィルム時代は描写にファンが多かったRolleブランドだが、このレンズの写りはごく普通だと思う。ブラックとシルバー両方使用したが、グリースがぬけていたためか、フォーカスリングは軽めで回すとスカスカであまりよい印象は持てなかった。

一部の英語レビューではレンズフード固定と記されているが、標準の円筒フードはねじ込み式で取り外すことができる。それを取り外してからブラックレンズと一緒に写っているオプションのフードをに変更することができる。このフードはレンズにねじ込んだ後にレンズ位置を調整可能で、フードの造りは初期カラースコパー 35mm / 50mmと同じで、フード表面にはVoigtlanderの代わりにRollei銘がはいっている。

本レンズがリリースされたときはコシナがRolleiブランドも手に入れるのかと思ったが、ゾナー 40mm、プラナー 80mm、Rollei 35 RFカメラの提携だけで終了してしまった。リリース計画としては、Planar 50mm / F1.8が予定されていたようで、6群7枚と具体的なスペックを記した資料もあり、具体的に話は進んでいたようだが実際に市場に出ることは無かった。

シルバーはヨドバシカメラ新宿店にずっと売れずにおいてあった物を処分特価でRollei 35 RFとともに購入した。当時はフィルムカメラの末期ということもあり、処分価格は2023年中古価格の半額程度であった。このレンズは今の高騰した価格での購入は躊躇してしまう。

仕様

項目備考
焦点距離(mm)40
最大絞り2.8
最小絞り22
絞り羽根10
レンズ構成4群5枚
最短撮影距離(m)0.7全域カメラ距離計連動
レンズ長(mm)30.5
レンズ最大径(mm)51フォーカスレバーを除く
フィルター径(mm)39
重量(g)172
リリース年20022006年終売

参考文献・参考リンク

更新履歴

  • 2024.02.21:改稿
  • 2023.0326:初稿

広告

  • 表示される外部リンクの一部は広告となっており、クリックするとサイト管理者に収入が発生する可能性がある。本ウェブサイト維持のためご理解とご協力をお願いする。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby