Voigtlander NOKTON L 50mm F1.5

フォクトレンダー・ノクトン 50mm F1.5(初代)のレビューと写真作例

目次

ギャラリー

  • 写真作例の撮影はLEICA M8

レビュー

ノクトン L 50mm F1.5は、1999年にコシナからりリースされたフォクトレンダー・ブランドのL39スクリューマウント標準レンズ。

このレンズはフォクトレンダー初期L39スクリューマウントの50mm標準レンズで、絞り開放値F1.5の標準レンズとしては大柄なレンズだ。手前にフォーカスリング、レンズ前部に絞りリングがあり、操作性には問題ない。標準添付のレンズフードは深さがなくおまけ程度である。
写りは大口径らしく、ピント面のキレと美しい前ボケ後ボケを実現している。

レンズ構成としては変形型のダブルガウスで、前群は光量確保のために大型化し、後群は収差補正を主に考えて設計されているようにみえる。同時期にリリースされたウルトロン 35mmと同様に非球面レンズを搭載している。
同スペックレンズの三代目となるNOKTON 50mm F1.5 Vintage Line IIからレンズ構成が7群8枚へと変更され、本レンズの前後に2枚レンズを足した構成となっている。同じレンズ仕様で鏡筒を小型化するために、枚数を増やして光量維持と収差の補正を狙っているように見られる。枚数を増やしても重量が減っているので、小型化の恩恵は達成されていると考えられる。

同系統のノクトン50mm F1.1を手に入れたので手放したが、今でも十分に満足できるレンズだと思うが、2000年初頭のコシナ・フォクトレンダーレンズはバルサム切れをおこして、曇っている個体も多いため購入時は注意が必要だ。

レンズ構成図はコシナ公式PDFより引用

仕様

項目NOKTON
(初代)
NOKTON Vintage LineNOKTON Vintage Line II
焦点距離(mm)50
最大絞り1.5
最小絞り16
絞り羽根1012
レンズ構成5群6枚7群8枚
最短撮影距離(m)0.7
レンズ長(mm)54.56250.5
レンズ最大径(mm)6045.760.8
フィルター径(mm)524943
フード専用フードLH-6
重量(g)243293(シルバー)
220(ブラック)
198(シルバー・ブラック)
255(ニッケル・ブラックペイント)
マウントL39VM
リリース年1999.102013.062020.10.22
価格(定価・税別)65,000(シルバー)
68,000(ブラック)
125,000(シルバー)
100,000(ブラック)
100,000(シルバー・ブラック)
115,000(ニッケル・ブラックペイント)

参考文献・参考リンク

更新履歴

  • 2024.04.21

広告

  • 表示される外部リンクの一部は広告となっており、クリックするとサイト管理者に収入が発生する可能性がある。本ウェブサイト維持のためご理解とご協力をお願いする。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby