SUMMILUX-M 1.4 / 50 1st.

初代ズミルックス-M 50mmをライカMデジタルカメラで使用した記録

目次

<ギャラリー / LEICA M6 +Reversal film>

<レンズの印象>
シルバーの鏡筒、ローレット部の加工が特に美しいレンズ。
2代目は無骨な工業製品になった印象があるが、初代は工芸品として美しいと感じる。
M6とDSC SLR Pro/nを持っていた旅先の京都で購入したレンズで中玉にカビ跡がある以外は、ヘリコイドもスムーズでピントもよく調整された良いレンズだった。夜の京都でデジタル一眼レフと併用したところ、圧倒的なピント合わせの容易さにレンジファインダーのアドバンテージを感じた。
レンズがくたびれているためかもしれないが、現代レンズのような圧倒的な解像感はないが、開放のふわりとした描写がとても好ましい。
最短撮影距離はDSLRに負けるが、1mという制約を意識して撮影に臨むのを楽しむのも良いと思う。

購入当時はいまよりもずいぶんお安く、カビ取り残りありのレンズだったため10万円前半で購入できた。これも金欠の折、残す50mmをどれにするか悩んで売ってしまった、手元に置いておきたかった一本。

<レンズの仕様>
焦点距離50mmのライカ L/M マウントレンズ。
初代SUMMILUX-M50mmは、1958〜1960年までつくられた。
MマウントとLマウントが存在する。Mマウントはマウント形状が古いためレンズ認識用6bitコードを付加する公式改造はできない。
フィルターは前面にネジを切っていないE43薄型フィルターがよく似合う。
絞り羽根の枚数は16枚と多い。

項目備考
焦点距離(mm)5050
最大絞り1.41.4
最小絞り1616
絞り羽根16枚9
レンズ構成5群7枚5群8枚
最短撮影距離(m)1.0
0.7
レンズ長(mm)
マウント面からの距離
5252.5
レンズ最大径(mm)5353.5
フィルター径(mm)E43E46
重量(g)360460(Chrome)
335(Black)
Release date19582006

<参考文献・リンク>

<更新>

  • 2023.6.12:誤字など小改訂
  • 2022.9.4:初稿

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby