HASSELBLAD XCD 4/28P

ハッセルブラッド XCD 28mm F4Pのレビューと写真作例

目次

ギャラリー

  • Photo with X2D

レビュー

ハッセルブラッド XCD 4 / 28PはXシリーズカメラ向けに2023.9月にリリースされたコンパクトな焦点距離28mmの広角レンズ。

レンズはX1D、X1DII、X907、X2Dで採用されているXマウントレンズの中で、もっとも小さく軽いレンズである(XCD 45Pよりも小型軽量になった)。価格も新品価格が28万円程度であり、他のXCDレンズと同じ1/4000レンズシャッターを搭載したレンズとしては低価格レンズである。
筆者はXCDレンズとしては4本目に導入したレンズで、待望のコンパクトPタイプの28mmレンズで発表と同時に予約して購入した。

レンズにはフォーカスリングしかない潔い仕様で、高価なラインのXCDレンズのようにVマークもなくシンプルな外観である。
絞りはカメラ側から制御し、オートフォーカス(AF)速度は体感上XCD 45Pよりも高速で、フォーカス精度はカメラ側に依存するところも大きいがX2Dで使う限り不満はほとんど無い。シャッター音は45Pよりも小さく野外で使う分にはほぼ無音である。
このレンズはフィルムで使うことをまったく考慮していないため、レンズ自身の歪みは-2%程度ある。
歪みや周辺光量不足などの問題展はPhocus現像時にデジタルで補正する仕様だ。
現像ソフトのPhocus経由で出力される画像は、癖のないぼけ、立体感が感じられとてもよくできたレンズだと感じる。逆光耐性もまずまずでフードを装着しなくても描写に大きな破綻はない。

同スペックのHCD 28mm F4レンズと比較すると、長さで1/3、重量は1/4、フィルター径はXCD28が72mmでHCD28が95mmと26mmの差があり、XCD28は大幅に小型で軽量に仕上がっている。
X2Dとの組み合わせで実用的なスナップシューターとして使うことができる。
HCD28mmはX2Dとx-h converter0.8のコンビで使うと22.4mm/F2.8レンズとして使用できること、光学的な補正が優れているためLEICA Sで使うことを考えている。
X2Dで使用しているが、X1D、X1DII、X907でも同様の使用感であると考える。

X2D with XCD 28P

仕様

項目XCD 28PHCD28mm
焦点距離(mm)2828.9
最大絞り44
最小絞り3232
レンズ構成8群9枚
非球面レンズ2枚
1枚の異常分散 (ED)レンズ
9群12枚
最短撮影距離(m)0.220.35
レンズ長(mm)43.5102+48
レンズ最大径(mm)75100
フィルター径(mm)7295
重量(g)245850+Converter
リリース年2023.09.042018.07.18
価格(定価・税別)265,000-810,000-
XCD 4/28P レンズ仕様書(英語)

参考文献・参考リンク

更新履歴

  • 2024.06.19
  • 2024.02.12
  • 2023.09.04

広告

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby