HASSELBLAD XCD 45mm F4P

HASSELBLAD XCD 45mm F4Pのレビューと写真作例

目次

ギャラリー

  • Photo with X2D
  • Photo with X1D / X1DII

レビュー

XCD 45P F4レンズは、コンパクトな45mm(35mm版換算36mm)の広角レンズ。
2023年9月にXCD28Pが発売されるまでは、Xマウントレンズ群の中で最も小さく軽いレンズだった。
価格も新品価格が13万円程度であり、他のXCDレンズと同じ1/2000レンズシャッターを搭載したレンズとしてはバーゲンプライスだ。

XCDレンズとしては3本目に導入したレンズ、そのほかにXCD 3.5/45、XCD 4/21を持っていたが、XCD 3.5/45は本レンズとかぶるため売却、XCD 4/21はHCD 24とx0.8コンバーターの組み合わせでより広い範囲をカバーできるようになったので売却した。
XCD 4/45PはX1DIIとセットで使うとき、カメラはミニマルで凝縮感のある姿がよく、合わせて1kgを下回る重量で中盤センサーのカメラを持ち歩けることに大きな魅力を感じる。
撮影結果には気になるゆがみもなく、建物や風景でも活躍してくれる。
最短撮影距離は0.35mで、ギャラリーにあるネコの写真のように被写体に寄って撮れる。

新たにリリースされたX2Dでは、ボディのおかげかAFの合焦性能が良くなった。次に記すX1D/X1DIIで見られたAFが被写体を抜ける感じはほとんど無くなった。
X1D/X1DIIで使用した場合のAF速度は早くはなく、コントラストのある場所でピントを合わせたはずが、一度通り過ぎてから戻りのときに合焦するケースがしばしばあり、この挙動がAFが遅いと感じる一番の原因だ。最初の通り過ぎるときにピントが合う確率が上がるとより撮影時のストレスがなくなると感じる。また、自身の撮影能力のへぼさからか、撮影結果を見ると微妙にピントを外したものが散見され、撮影後のプレビューでのピントの確認は常に必要だと感じる。

XCDレンズのラインナップは、必要な焦点距離のレンズはそろっているが、絞りは明るくなくてもいいので、本レンズと同じようなサイズと価格で、より広角の30mm,望遠の75mmのレンズをリリースして欲しい。
X2Dと共にリリースされた、38mm/50mm/90mmは比較的高価格ラインであり、安い商売をする気は無いようだ。21mmが現行にあるので、24〜28mmを期待していたがそれもなかった。これはHCDレンズが現役のためかも知れない(2023年にHCシリーズは終売となった)。

XCD 4/45P
XCD 4/45P
X2D with XCD 45P

仕様

項目XCD 45PXCD 45
焦点距離(mm)46.245
最大絞り43.5
最小絞り2232
レンズ構成7群9枚
非球面レンズ2枚
7群9枚
最短撮影距離(m)0.320.4
レンズ長(mm)5270
レンズ最大径(mm)8076
フィルター径(mm)6267
重量(g)320417
リリース年2020/1/312016/12/31
価格(定価・税別)130,000331,000-
XCD 4/45P レンズ仕様書(英語)

参考文献・参考リンク

更新履歴

  • 2024.02.17:改稿
  • 2022.09.13:初稿

広告

いくつかの外部リンクは広告となっており、クリックするとサイト管理者に収入が発生する可能性があります。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby