MINOLTA G ROKKOR 28mm(L39)

ミノルタ・G-ROKKOR 28mm F3.5のレビューと写真作例

目次

ギャラリー

  • MINOLTA G-ROKKOR 3.5/28の写真作例(HEXAR-RF)

レビュー

ミノルタGロッコール 28mm F3.5は、ライカL39スクリューマウントをもつレンジファインダーカメラ向けレンズ。
高級コンパクトカメラTC-1で使用されたレンズを、そのままのレンズ構成でライカL39スクリューマウントに仕立て2000本限定でリリースされた。
鏡筒はシルバー外装で美しく、フードも同色にまとめられている。そして、フードを外すと全長20mm程度とコンパクトなレンズだ。
写真にある銘板入りの豪華なパッケージに入っており、フード先端のキャップはレンズと同素材のねじ込み式でMINOLTAロゴが入る。L39スクリューのリヤキャップも専用で凝った衣装が施されていた。

絞り羽根はこのレンズの元になったコンパクトカメラTC-1は、円形のプレートが入れ替わる方式だったが、このLマウント版は通常使用で便利な一般的な9数羽根で構成された絞りに置き換えられている。
MINOLTAとしては、Leitz Minolta CL / Minolta CLE向けにMマウントレンズをリリースして以来、久々となるライカ・レンジファインダーカメラ向けのレンズになる。
こちらのレンズの最短撮影距離は0.8mで0.45mと記載があるのは、コンパクトカメラTC-1の最短撮影距離と混同していると考えられる。

同時代に発売されたGR28mmは真鍮製と思われ180gでずっしりしているが、こちらはアルミ製で、110gとかなり軽量に仕上がっている。
フィルムカメラでもよく使ったレンズで、写真にあるように、ZEISS IKON、MINOLTA CLEに付けるととても姿が良い、写欲をかき立てる姿になる。フィルムカメラで使用する際は周辺減光を意識した作画をすればほとんど欠点は気にならない。いずれもすでに手元にないシステムだが、持っているだけでニヤニヤできると思う。
35mmフルサイズセンサーのデジタルカメラ LEICA M9で使用した際は周辺減光と色かぶりが気になることがあった。α7sや最近のセンサーでは色かぶりなども気にならないような気もする。

このレンズは貼り合わせ面がないため、バルサム切れを心配する必要が無いのはオールドレンズとしてありがたい存在だ。同じ画角のRICOH・GR 28mm(より広角のGR 21mmも同じ)は結構な確率でバルサム貼り合わせ面の剥離による曇りが出ている個体を見かける。

本レンズは1998年発売だが2005年くらいまでは新品レンズがカメラ屋においてあった。限定ものでもすぐに売りきれない牧歌的な時代、忙しすぎる現代とは異なる時が十数年前には存在したのだ。
個人的経験の比較として、TC-1も使っておけばよかったと思うが、GR1で焦点距離28mmのコンパクトカメラに満足していた時代だったので、TC-1を使うことなく時は過ぎてしまった。

Zeiss Ikon +G-ROKKOR 3.5/28
MINOLTA CLE +G-ROKKOR 3.5/28

仕様

項目備考
焦点距離(mm)28
最大絞り3.5
最小絞り221/2刻み
レンズ構成5群5枚
絞り羽根9枚
最短撮影距離(m)0.8全域カメラ距離計連動
レンズ長(mm)19.5マウント面からの距離
レンズ最大径(mm)51フォーカシングレバーを除く
フィルター径(mm)40.5
重量(g)110
製造本数2000
リリース年1998年9月

参考文献・リンク

更新履歴

  • 2024.2.22:更新
  • 2022.07.03:初投稿

広告

  • いくつかの外部リンクは広告となっており、クリックするとサイト管理者に収入が発生する可能性があります。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby