Ms-optics APOQUALIA 50mm

Ms-optics(宮崎光学)APOQUALIA-H 50mm / F3.5のレビューと写真作例

目次

ギャラリー

  • 写真作例の撮影はLEICA M8.2とEPSON R-D1xG

レビュー

アポクオリア 50mm F3.5はMs-optics(宮崎光学)のオリジナルレンズ第二弾、レンズ構成にヘリアー形式を採用した焦点距離50mmの標準レンズ。
本レンズはアポクオリア・ブランドだが、これ以降にリリースされるレンズのように明るいという特徴はない。またレンズの銘板にはMS-MODE-AH(APO-HELIARの略と思われる)が刻まれている。

Ms-opticsが初めてリリースしたレンズは、ゾナー形式で焦点距離50mm、絞り開放値F1.3と大口径好きの心に刺さる意欲的なレンズであったため、本レンズを売っていたカメラ屋の親父が「これは、あまり売れないスペックだよ。」と嘆いていたことを記憶している。

このレンズはリリース本数も少なく、市場で見かけることはほとんどないが、F3.5と明るくないレンズのため、絞り開放からキレのある描写をし、前後のボケも美しい。軽量でコンパクトなレンズでスナップに向いている。今も手元にあり紹介した作例のライカM8、エプソンR-D1以外にフィルムカメラ、デジタルライカMなども撮影に使用している。

2024年現在であれば、同スペックのXENOMAX 50mm F3.5のほうが、同じスペックだが性能はうえだ。サイズも本レンズとほとんど変わらないのでレンズ形式にこだわりがなければ、そちらの方が入手しやすいかもしれない。

2001年にコシナがフォクトレンダーブランドでヘリア101年記念として、同スペックのヘリアー形式のレンズをリリースしており、宮崎氏がこれを意識したのは不明だが、Ms-opticsにあるヘリアー形式のレンズはこれのみで、以降はゾナー、ガウスタイプのレンズを多くリリースする。

コシナはヘリアー形式レンズの大口径化を進め、2007年にヘリアー50mm F2をリリースし、2021年にはレンズ構成を3群6枚とした、ヘリアー50mm F1.5の大口径レンズをリリースしている。

仕様

項目備考
焦点距離(mm)51.6
最大絞り3.5
最小絞り22
レンズ構成3群5枚ヘリアー形式
絞り羽根枚数12
最短撮影距離(m)0.8
レンズ長(mm)38マウント面からの距離
レンズ最大径(mm)49フォーカスレバーなど突起を除く
フィルター径(mm)30.5順付け
重量(g)105L/Mマウントアダプター込み
リリース年2009
定価(円・税別)65,000
  • レンズ仕様比較
製造Ms-opticsvoigtlander
名称APOQUALIA-HXENOMAXHELIAR 50mm F3.5HELIARclassic
50mm F2 VM
HELAIR classic
50mm F1.5 VM
絞り3.53.521.5
絞り羽根1210
構成3群5枚4群5枚3群5枚3群6枚
最短距離(m)0.70.51.01.00.5
レンズ長(mm)383343.238.541.9
フィルター径(mm)30.530.5273949
マウントMML39VMVM
重量(g)10563150260255
リリース年20092022200120072021

参考文献・参考リンク

更新履歴

  • 2024.03.10:改稿
  • 2022.06.01:初稿

広告

  • 表示される外部リンクの一部は広告となっており、クリックするとサイト管理者に収入が発生する可能性がある。本ウェブサイト維持のためご理解とご協力をお願いする。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby