LEICA SUMMILUX R 50mm (I) E55

ライカR用大口径標準レンズ、SUMMILUX 50mm F1.4(I型)のレビューと写真作例

目次

ギャラリー

  • EOS-1DsMKIII / LEICA SL / LEICA Digital Module Rによる実写

レビュー

ズミルックス R 50mmは、ライカ R用の明るい標準レンズ、I型と呼ばれる本レンズは細かな衣装の違いでバリエーションがいくつかあるがもっとも大きな違いとしては、フード後付けの前期タイプとフード組み込みの後期タイプに大別できる。レンズ構成などは前期、後期ともに同様である。レンズコーティングは年代によって異なると考えられる。
フィルターは前期型がフード内部にシリーズフィルターを入れるタイプ、後期型が55mm(E55)を前面にねじ込む。後期型の組み込みフードは長さが短くあまり実用的ではない。

前期型は1,2、3カムで製造されROM端子付きは改造したレンズ以外はない。
後期型は3カム、Rカム、ROM端子付きが存在している。
本レンズは後玉の位置がROM端子とほぼ同じ位置であるため、EOS-1Ds MKIIIで使用した際にレンズエラーを起こさなかった。

所有している個体は1989年製のROM端子付きで、この頃のズミルックスのレンズコーティングは琥珀色で美しい。すでに売ってしまった、M型のズミルックス最終非球面も同様のコーティング色で美しかった。しかし、コーティングは完璧ではなく、逆光時に被写体周辺にパープルのフリンジが目立つ場合もある。

欠点がありつつも、E60のズミルックス R 50mmと変わらないくらい愛するレンズの一つだ。ズミクロン R50mmと比べると、レンズ枚数が多い分だけレンズ重量が増しており、手に持ったときの塊感がここちよい。最近のプラ主体のレンズでは味わえない物としてのよさがある。
3本持っている50mm標準レンズを持ち出すとき、いつも悩ましいがどちらかのズミルックスを選ぶことが多いため、ズミクロンの出番が少ない。

仕様

項目備考
焦点距離(mm)50
最大絞り1.4
最小絞り16
レンズ構成6群7枚
最短撮影距離(m)0.5
レンズ長(mm)50.6
レンズ最大径(mm)68.5
フィルター径(mm)55
重量(g)395
リリース年1989(モデル11777)

参考文献・参考リンク

更新

  • 2024.02.16:改稿
  • 2022.02.07:初稿

広告

  • 表示される外部リンクの一部は広告となっており、クリックするとサイト管理者に収入が発生する可能性がある。本ウェブサイト維持のためご理解とご協力をお願いする。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby