KONICAMINOLTA DiMAGE A2

コニカミノルタ製デジタルカメラ・ディマージュ A2を使用した記録

<ギャラリー>

<カメラの印象>
某カメラ屋の新年ジャンク市で4桁円で売られていたので捕獲した。このカメラはリリース当初価格14万円の2/3インチセンサー、レンズ一体型デジタルカメラで、同時期にα7Digitalなどレンズ交換式APS-Cサイズセンサーのデジタルカメラが少し上の価格でリリースされ、販売的には厳しい状況に追い込まれつつあるカメラであった。
ジャンクの理由はEVFの不調でWebで情報を探すと同じようなEVF関係の不具合が散見され、自慢の92.2万画素EVFが経年劣化で駄目になるのはこの機種の特徴のようだ、幸い背面液晶が正常に利用できるので撮影や設定で困ることは無い。
9ヶ月後にリリースされた後継機のDiMAGE A200はコストダウンのためかEVFがDiMAGE A1と同スペックに退行しているので、A2のEVFは当時の最先端で高価だったことがうかがえる。
レンズはDiMAGE 7からの持ち越しで若干に設計に古さが目立ち、広角28mm(7.2mm)は遠景をRaw撮影すると4%程度の樽形歪みあり、建物撮影では歪みが目立つため現像時に補正が必要になる。あまり使わないが50mm〜200mm(13mm〜50mm)は歪み無くすっきりとした描写である。
レンズの作りはMINOLTA1眼レフ用レンズと同じ意匠にしてあり、金ラインを含めとても好みの意匠である。
AF速度はのんびりしたもので、夜間や判別しづらい被写体の場合は、合焦していなくてもAF合焦マークが点灯してシャッターは切れてしまう。13万画素の背面液晶では合焦状態の判別は難しく、92万画素のEVFが使えれば問題は軽減されると思うが、手持ちの個体は前述のとおりEVFは死んでいる。
晴天下の描写はほぼ問題ないが、センサーサイズが小さいため、白飛び、黒つぶれ、暗所でのノイズが気になる場面はある。
CCD手ぶれ補正のAntiShakeも初期の3段分補正なので、過信しているとぶれた写真ができあがる。
アクセサリーシューは、MINOLTAオリジナルの形状で、フラッシュを探す場合は、MINOLTA製を探す必要がある。PROGRAM FLASH 3600HS(D)、同5600HS(D)、同2500(D)が対応製品となっている。2023年現在いずれも格安で入手できる。
記録メディアは、コンパクトフラッシュでファームウェアを1.1.3j以降では4GB以上のメディアを利用することができる。Raw画像形式はMRW(Minolat RaWの略?)で1枚が12.1MBになる。8GBのメディアを使用するとRawのみ記録で600枚程度撮影ができるが、カメラ本体の撮影枚数カウンターは352以上にはならない。
バッテリーはα7Dなどと同じリチウムイオン電池のNP-400を使用しており、SIGMA SD14、PENTAX K20Dなど様々な機種でこのバッテリーと同形状が採用されているため入手が容易なのはありがたい。少しヘタったバッテリーで150枚程度撮影ができたので、枚数を撮る撮影者の場合、予備が必要になると思われる。

ファームウェアについてだが、所有している個体はファームウェア1.1.4jと最終版のようだが、メンテナンスを引き継いだKENKO TOKINAのサイトは2023年1月現在、KONICA MINOLTA製品の情報をすべて削除してしまったようでファームウェアの入手などもできなくなっている。
英語表記になってしまうことと、リージョン(地域)管理されていれば適用できない可能性があるが、KONICA MINOLTA EUROPEにはDimage A2のファームウェアの情報が存在している。
日本のメーカーも旧製品の情報を可能な限り保管して欲しいと思う。あなたの生み出した製品がまだまだ現役である可能性はゼロでは無いのだ。

カメラ購入後にオプションのレンズコンバーター、テレコン(AWT-100)とワイコン(ACT-100)手に入れた。
20年近く前のカメラオプションだがヤフオク、メルカリにはそれなりに出品があり、ヤフオクにて数千円で入手することができた。入手した品は外観の傷、レンズのふき傷などそれなりにあるが、写りに影響する状態では無かった。
どちらも巨大なコンバーターでカメラに装着するとカメラの印象がかわる。
ワイコンは画角を0.8倍するため28*0.8=22.4mmの広角レンズとなるが、28mm時点で4%の歪曲が8%と悪化する。ワイコンの注意書きには、レンズの焦点距離は28mm位置でマクロスイッチを入れて固定するように記載があるため、これを装着すると22.4mmの単焦点レンズカメラになる。歪曲の増幅は気になるが広角レンズとしては楽しい。
テレコンはテレ端でのみ使用するように注意書きがあるが、あえてテレコンを装着してズーミングさせると焦点距離42mm〜150mm(35mm換算・実焦点距離28mm〜100mm)では大きな蹴られが確認できた。ズーム時はテレコンを支えつつズームリングを回した。それにしてもワイコン以上に重いテレコンをレンズを伸ばした状態(焦点距離200mm位置)で装着して野外で撮影するのは少々恐ろしい。
つねにテレコンを支えて撮影しないと鏡筒が折れそうな感じがする。

テレコンとワイコンは、定価では49,800円のプライスタグで売られていた。カメラとセットで購入すると2割引程度入れても20万円近くになるはずで、リリース当時に購入した方はシステムに惚れて思い切った趣味人かお金持ちだと思う。
レンズコンバーターは径49mmのねじ込み式なので他のレンズにも転用は可能だが、性能はそれほど高くないためあえてやる必要は無いと考える。

このボディで1インチ以上のセンサーを積んでいれば、カメラの立ち位置は異なったかも知れないが、その理想形は直系のソニーRX100シリーズ、LEICA V-LUXなどが引き継いでいるように感じ、このカメラの狙ったところは悪くなかったのだと思う。

<カメラの仕様>

800万画素CCDと92.2万画素EVFを搭載したレンズ一体型デジタルカメラ
花形レンズフードが付属
EVF、背面液晶ともにチルト可能

項目DiMARGE A1DiMARGE A2DiMARGE A200
カメラ有効画素数500万画素800万画素同左
焦点距離7.2〜50.8mm F2.8〜3.2
(35mm版:28mm〜200mm)
同左同左
レンズ構成13群16枚同左同左
撮像素子2/3センサー同左同左
画像処理SUPHEED
CxProcess III
SUPHEED
CxProcess II
SUPHEED II
CxProcess III
背面液晶1.8型・11.8万画素
チルト
1.8型・13.4万画素
チルト
同左
バリアングル
ファインダー0.44型・23.5万画素
チルト
0.44型・92.3万画素
チルト
0.44型・23.5万画素
チルト
バッテリーリチウムイオンバッテリー
(NP-400)
同左同左
外形寸法(mm)幅 x 高さ x 奥行
117 × 85 × 113.5
同左幅 x 高さ x 奥行
114 × 80 × 115
重量(g)約560g (ボディのみ)約565g (ボディのみ)約505g (ボディのみ)
リリース年2003年9月2004年2月2004年11月
価格13万円(Open)14万円(Open)10万円(Open)
テレコンバーターACT-100ワイドコンバーターACW-100
レンズ構成3群5枚3群3枚
コンバーター倍率1.5倍※10.8倍※2
合成焦点距離76.2mm(35mmフィルム換算 約300mm)5.8mm(35mmフィルム換算 約22mm)
合成絞り値変化無し同左
サイズφ89×80mmφ89×36mm
質量(重さ)500g250g
対応機種DiMAGE 7i/7Hi/A1/A2同左
備考本体レンズのテレ端での使用本体レンズのワイド端での使用

<オプション>

  • グリップ
  • テレコン ACT-100
  • ワイコン AWT-100

<参考文献・リンク>

広告

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする