KONICA M-HEXANON 2.8/90

KONICA製Mマウントレンズ、M-HEXANON 90mm F2.8のレビューと写真作例

目次

<写真作例>
作例はLEICA M8で撮影した。

<レビュー>
焦点距離90mmの中望遠レンズ、レンジファインダーカメラにおいて、75mmを超える焦点距離はながらく不人気レンズで、今もあまり人気はなく、価格も低空飛行している。
実際M型ライカで90mmを使うと、ファインダー枠のほとんどが無意味な領域で中央部のごく小さなエリアを切り取り続ける地味な作業をしているように感じられる。
絞り開放から堅実な描写をするのは、他のMマウント用HEXANONレンズと共通している。
また、開放F2.8でも距離計連動の精度は問題なかった。
このレンズはKONICA M-HEXANONシリーズを集めているときに購入したが、90mmレンズはゾナー型のCONTAX G SONNAR 90mmの使い勝手がよいのでそちらを使うことが多いこともあり、あまり使わずにリリースしてしまった。

<仕様>
ライカMマウント用の中望遠レンズ、KONICA製Mマウントレンズ6本の中では最も長焦点なレンズ。
レンズフード組み込み式で、鏡筒先端部から引き出して使う。
全長が69mmと焦点距離90mmとしてはコンパクトなレンズ。
テクニカルレポートにレンズの詳しい説明があるが、レンズ構成にエルノスター型を採用したコンパクトな中望遠レンズ。

項目備考
焦点距離(mm)90
最大絞り2.8
最小絞り221/2刻み
レンズ構成4群5枚エルノスター型
最短撮影距離(m)1.0全域カメラ距離計連動
レンズ長(mm)69マウント面からの距離
レンズ最大径(mm)55
フィルター径(mm)46
重量(g)330

<参考文献・リンク>

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby