VARIO-ELMAR-R 4 / 70-210

ライカR用ズームレンズ、VARIO-ELMAR-R 70-210mm F4をデジタルカメラで使用した記録

目次

<ギャラリー・ESO1DsMKIIIによる実写>

[pgc_simply_gallery id=”2554″]

<レンズの印象>
日本製なので非常に安く流通しているズームレンズ。
安価だが写りは非常に安定していると感じる。
前後のボケはスムーズで2線ボケなどのうるさい感じにならない。
いずれの焦点距離でも偽色が目立つこともなく、逆光もそれほど苦にしない、この値段でこれだけ写れば十分だ。
操作は直進式ズームに時代を感じるが、マニュアルフォーカスズームレンズの場合、ズームとフォーカスが同時におこなえる妥当な操作方法である。
F4の開放値のためか、晴天野外など明るい場所ではEOSのファインダーでもピントの山がつかみやすい。
重量は720gで重くはない。細長いため大型のカメラに装着すると、見た目のバランスは良くないが、使う際に問題になることはない。

直進ズームと言えば、カメラを使い始めたときにはAFズームレンズが全盛でズームリングとフォーカスリングが分かれていることが当たり前だったので、マウント遊びのために購入したタムロン製アダプトール2の直進式ズームを使ったときは、こういう操作なのかと感心した記憶がある。

所有しているレンズは、3CAM仕様、シリアル番号が358xxxxで1991年に作られた3000本の一つ、市場では安価に比較的よく見かけるレンズである。
本レンズは3CAMバージョン以外は見たことがなく、R8/R9向けのズームレンズとしてはKyocera製4代目のROMバージョンがありそちらが担当するのであろう。
中望遠レンズで後玉の出っ張りがないためEOS-1DsMKIIIでエラーなく使用できる。

<レンズの仕様>
VARIO-ELMARIT-R 70-210mmは、Leica-Rの4種類あるF4クラスズームレンズの3代目で、1.4万本とかなり大量に作られた、ミノルタが設計製造する日本製レンズである。
4代あるF4クラスズームレンズのうち1〜3代がミノルタ製で4代目がKyocera製である。
本レンズのミノルタ型番は、MD ZOOM 70−210mm F/4で、ミノルタ版とライカ版の違いだが、Leica版はフードを内蔵し、フィルター径は60mmとなりレンズ意匠が異なる。
マニュアル時代のズームレンズなので直進式ズームを採用している。鏡筒を前後に移動(収納時が210mmで伸ばすと70mmになる)して焦点距離が変わり、鏡筒を回転させるとピントを調整できる。
最短撮影距離は全域で1.1mで、210mm時は1:4の撮影倍率となる。

項目備考
焦点距離(mm)70-210
最大絞り4
最小絞り22
レンズ構成9群12枚
絞り羽根7
最短撮影距離(m)1.1
レンズ長(mm)163〜195マウント面からの距離
最短=焦点距離 210mm/最長=焦点距離 70mm
レンズ最大径(mm)73.5
フィルター径(mm)60
重量(g)720
リリース年19832000年製造終了

<参考文献・参考リンク>

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby