ELMARIT R 35mm(II 2nd)

ライカ製Rマウントの広角レンズ、2代目エルマリート 35mmのレビューと写真作例

目次

<ギャラリー / LEICA SL typ601>

<レビュー>
2代目エルマリートR 35mmはRマウント・焦点距離35mmの広角レンズ。
エルマリートブランドの上にはズミクロンとズミルックスがある。
R型ライカとライバルになる。一眼レフカメラは日本製が強く、焦点距離35mmの単焦点レンズは低価格高性能のレンズが多く、エルマリートのようなライカの中では低価格のレンズをリリースする必要に迫られたように思われる。
M型ライカレンズでも一時期低価格のズマリットブランドをリリースしたが、それほど売れなかったのか、早々に後継レンズが作られなくなった。
エルマリートは代々廉価であるため、専用の鏡筒は造られず部品の共通化が図られており、この2代目エルマリート R 35mmのレンズ外観は初代エルマリートR 28mmとほぼ同じに見える。
フードの型番は「12509」となり、エルマリート R 28mm、初代ズミクロン R 35mmと共通である。
12509フードはシリーズ7フィルターを内蔵でき、シリーズ7のPLフィルターを装着したときは、それを回すためのダイヤルもついている。

写りは、エルマリート35mm共通の絞り開放から安定した描写で、近接撮影した際の後ろボケも破綻なく美しい。

製造期間が5年程度、製造本数は8000本程度と3つのエルマリートの中では少ないが、中古市場でも比較的見かけるレンズで特別珍しくはない。

<レンズの仕様>

レンズ名ELMARIT-R 35-IELMARIT-R 35-IIELMARIT-R 35-III
焦点距離(mm)35
最大絞り2.8
最小絞り22
絞り羽根枚数6
レンズ構成6群7枚5群7枚6群7枚
最短撮影距離(m)0.3
レンズ長(mm)4041.6
レンズ最大径(mm)6366
フィルター径(mm)43.5
シリーズ6
48
シリーズ7
55
重量(g)310410305
レンズフード12564
金属製・逆付け可能
SUMMICRON-R 50mmと共用
12509
角形プラ製・ピン固定
ELMARIT-R 28mmと共用
組み込み
製造本数*131,950(1971まで)8,250(1977まで)15,000(1992まで)
リリース年19631972-1978-
*1:数字はライカWikiより転載

<参考文献・リンク>

<更新>

  • 2023.12.1:初稿

<広告>
いくつかの外部リンクは広告となっており、クリックするとサイト管理者に収入が発生する可能性があります。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Shige's hobby